2008年03月02日

誘惑 :「リソースの小出し投入・・」

洗面所の排水溝が数週前から少しづつ詰まり始め、とうとう我慢できないくらい詰まりが酷くなってしまいました。これまでの経験上、だいたい6ヶ月に一度のペースで、忘れた頃に詰まりが始まります。

前回詰まったとき、排水溝に詰まったものを溶かす薬品を買ってきました。

一瓶10目盛分の液体が入っていて、説明書には、3〜5目盛分で排水溝のつまりを完全に溶かすことができると書いてありました。 前回4目盛分を使ったので、残り6目盛分が残っていました。 


前回4目盛分で詰まりを解消できたが、説明書には3〜5と書いてあるし、3目盛分で大丈夫だろう・・。 3目盛分だけなら、今回使っても、まだ次回分の3目盛分が余る!


このような考えから、前回の経験から、4目盛分を投入すれば解消することを知りつつも、
ケチって、3目盛分だけ注いでみました。 

すると、少しは詰まりが解消したものの、期待していた程の効果が得られませんでした。 
しかたなく、残りの3目盛分も後から投入しましたが、既に遅く、詰まりは解消しませんでした。  


やっぱり4目盛分を一気に使わないと駄目なんだ・・・ 

  
そして、結局6目盛分すべてを無駄にした結果となりました。


日露戦争の旅順二〇三高地攻略において、無能な乃木大将がしたことと同じこと 

→ 「リソースの小出し(随時)投入」を行ってしまいました。

教訓: リソース(お金、時間、兵力、排水溝の詰まり解消材)は、必要なときには、
思い切って一気に使用しないと、望む結果を得られず、無駄に終わる。

失礼しました。。
posted by IZ at 01:38| 日記